車の下取りと買取りではどちらが得か

下取り

買取り 下取り

下取りとは、車を買い換える際、今乗っている車をその販売店に引き取ってもらうことをいいます。
下取りの際に掲示された下取り価格を購入する車の代金の一部に充てるので、値引きと同じような扱いになります。
車を購入する販売店で下取りの手続きが完結するため、手間がかからないというメリットがあり、 現在まで車購入者の多くが利用している一般的な方法です。
下取り価格については当然各社が同じ条件というわけではなく、自社の基本価格を基に車の状態を見て最終的に決定します。
見積もりには、下取り価格と値引き額が同時に計上されるため、各々が適正なものであるかどうかはユーザーにはわかりにくいかもしれません。


買取り

買取り 下取り

買取りとは、今乗っている車を中古車買取専門店などに買い取ってもらうことをいいます。
車を買い替える場合、買取り価格を購入資金に充てることができます。
買取り価格は中古車業者間の取引相場を基にしているため、買取価格が下取り価格よりは高くなるのが一般的です。
車の状態については下取りより詳しく査定されるのが一般的で、装備やオプションなども純正品ならその分査定額が高くなります。
車買取りについては、一般的な流通経路の他、各々の中古車買取専門店が独自の流通経路を持っているため、買取店によって得意な車種・分野等があります。
ですから、一社限定ではなく複数の買取店に見積もりを出してもらうのが一般的です。
特定の車種が高い買取店もありますし、事故車や不動車を専門に買い取る業者も存在します。


下取りと買取りではどちらが得か

買取り 下取り

楽天オートの一括査定サービスを利用した人を対象に楽天オート自身がアンケート調査を行ったところ、下取り価格より買取り価格の方が10万円以上も高いという結果が出たとのことです。
最近はネットから簡単に複数の買取店に査定依頼を出せますし、無料で出張査定してくれます。
また、車を売る際の手続きは全て買取店が代行してくれるので、買取自体は思ったより手間がかかりません。
車買い替えの際、以前は下取りに出すの普通でしたが、最近では買取りしてもらうユーザーが増える傾向にあるようです。